フォト・ムービーギャラリー

アジアブリッジプログラム

フォト・ムービーギャラリー

ABP(アジアブリッジプログラム)

アジアブリッジプログラム(ABP)

アジアブリッジプログラム ABP サイト: http://www.abp.icsu.shizuoka.ac.jp/ 

ABP-SUの目的

静岡とアジアの架け橋に ~Be the bridge between Shizuoka and your country.~ 

静岡大学のアジアブリッジプログラム(ABP-SU)は、国際展開をする静岡県の企業、並びに自治体との連携の下、静岡とアジア諸国の架け橋として活躍する「理工系の専門性+経営学的思考、文系の専門性+理工学的思考を持つ技術と経営を俯瞰できる中核・中堅人材の育成」を目的としています。 県内企業が多く進出する、タイ、インドネシア、ベトナム、インドを重点地域とし、優秀な学生の募集、育成、人材輩出を通して、静岡の地域と産業の国際活動の活性化への貢献を目指しています。

ABP-SU 学士課程 留学生向けプログラムの特徴

  • 現地入試、検定料・入学料免除、授業料の軽減

  タイ、インドネシア、ベトナム、インドで入試を実施します。大学独自の試験を行うため、日本留学試験(EJU)や日本語 能力試験(JLPT)のスコアがそろっていない学生にもチャンスがあります。また、ABP-SUを受験する学生は、検定料と入学 金が免除とされています。入学するABP-SU学生には授業料の減免措置もあり、多くの学生に就学の機会が開かれています。

  • 秋入学、4年間で日本語+専門教育

  10月に入学後、初学期教育として、各専攻に合わせた集中日本語授業と日本語による基礎科目を履修、日本語で大学の専門 教育を受ける土台を作ります。その後、各学部の課程で専門性を養うとともに、ABP科目を通して、日本の産業やグローバル 企業の経営、社会で求められるコミュニケーションスキルを学びます。

  • インターンシップ&キャリア支援

 ABP-SUでは企業人が講師を務める授業、県内の企業におけるインターンシップを実施します。産学連携で人材育成を進めるとともに、在籍中に学生が企業と交流する機会を多く設け、卒業後の就職に向けたキャリア支援を行います。

ABP-SUの詳しい情報は次を参照してください。