フォト・ムービーギャラリー

アジアブリッジプログラム

フォト・ムービーギャラリー

安全な留学のために

教職員の皆さん

役員・教職員の海外渡航についてはこちらをご覧ください。

海外渡航前の学生の皆さん

 近年日本の大学生や社会人が海外で事故や犯罪などのトラブルに巻き込まれる例が、少なからず報告されています。渡航時には、「自分の身は自分で守る」という心構えをもつことが必要です。日本にいるときとは意識を切り替えることが、事件・事故を防ぐことにつながります。海外へ渡航する教職員及び学生のみなさんは、渡航時の安全確保のため、下記の事項について手続き及び確認を行い、十分に安全を確認した上で渡航しましょう。

□海外留学に関する手続き

□海外留学に関する「安全と危機管理」について

□海外渡航危機管理ガイダンスについて

□OSSMAについて

□海外旅行保険について

海外留学に関する手続き

 留学が決まった学生のみなさんは、必ず留学の準備・手続きリスト(PDF)をダウンロードして参照し、諸手続きを確実に行ってください。

主な準備、手続き項目

 1. 渡航前
① 留学説明会・ガイダンス・危機管理オリエンテーションへの出席
② 所属部局・国際連携推進機構での届け出
③ 保険の加入 *必須
④ OSSMA加入 *強く推奨(国際連携推進機構主催のプログラムは必須)
⑤ 緊急時の連絡先の把握

2. 渡航後
① 日本大使館・領事館への「在留届」・「たびレジ」の提出
② OSSMAロケーターへの情報登録等、渡航先での危機管理

海外留学に関する「安全と危機管理」について

 海外渡航が決まった学生の皆さんは必ず以下の資料を読んでください。

○海外渡航の危機管理マニュアル(PDF)

○「海外での安全と危機管理」(PDF)

 渡航時には、「自分の身は自分で守る」という心構えをもつことが必要です。日本にいるときとは意識を切り替えることが、事件・事故を防ぐことにつながります。「海外での安全と危機管理」(PDF)の「 旅先での注意事項とトラブル事例、対処法」を読み、しっかり対策をしましょう。「自分の身は自分で守る」という心構えで、自分の留学形態、渡航先に合った万全の準備、情報収集をして、海外留学にのぞんでください。

海外渡航危機管理ガイダンスについて

 静岡大学国際連携推進機構実施の留学プログラムで海外に渡航する皆さんは、出発前に必ず海外渡航危機管理ガイダンスに参加してください。ガイダンスは年に1度、6月頃に開催されます。参加できなかった場合はガイダンスの内容を動画で配信していますので、大学教育テレビジョンでご覧ください。※科目コードは国際交流課にお問合せ下さい。

OSSMAについて

近年海外で日本の大学生が事件や事故、災害等に巻き込まれたというニュースを耳にします。このように、海外に出る学生の増加にともない、トラブルも少なからず増えているというのが実情です。こうした状況に対処するため、静岡大学では日本エマージェンシーアシスタンス株式会社のOSSMA(Overseas Students Safety Management Assistance )に加盟し、専門家による留学前危機管理ガイダンスを行い、トラブルに巻き込まれないような事前指導を強化するとともに、万一の際に備えた危機管理体制をとっています。

OSSMA(Overseas Students Safety Management Assistance )とは

加盟大学に在籍する学生が海外留学をする際に、大学を通してこの個人会員に申請して、留学期間に応じた会費を払うことにより、以下の「アシスタンスサービス」を受けることができます。

1 留学前危機管理ガイダンス

2 24時間電話相談

3 安否確認

4 トラブル発生時のサポート

詳しいサポート内容は以下を参照してください。
»学内OSSMA加入手引き(PDF)

●どんな留学に適用されるの? (教育・研究活動で学生・引率者が海外渡航する場合も含む)

1 静岡大学国際連携推進機構実施の留学プログラム(交換留学・夏季短期留学・春季短期留学・ILUNO・VSCP・協定校派遣プログラム等)トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム等に参加する場合
→必ずOSMMAのメンバーになる必要があります。

2 各部局や研究室のプログラム
→登録を強く推奨します。

3 私費の留学や語学研修・インターンシップ・ワーキングホリデーなど
→条件によって適用されます(一部対象外)。登録を推奨します。

●保険とは違うの?

 OSSMAのアシスタンスサービスは、医療支援をはじめ、連絡が取れない場合や行方不明時の捜索、海外生活における身近な問題の解決支援など、広く留学生活を支援するサービスです。一方、海外旅行/留学保険は、金銭的な損害を補償する役割を担っています。非常時には、事件に巻き込まれた本人だけでなく、家族、受入/派遣大学、現地の医療・保健機関、警察・消防等の各機関が連携をして対処に当たる必要があります。OSSMAのアシスタンスサービスは、非常時の緊急対応支援・コーディネートを、渡航者、家族、関係機関等に行います。尚、このアシスタンスサービスとは別に、必ず海外旅行/留学保険に入る必要があります。

☆☆ OSSMA 申し込み手続き ☆☆ 

☆渡航の2週間前までに手続きをすませてください。万が一遅れた場合は、なるべく早く手続きを行ってください。申込が遅れた場合は、サービスの利用開始が渡航後になる可能性があることをご承知ください。

① OSSMA会員登録サイトにログインし、(ログインコード 【 shizudai 】 パスワードは国際交流課もしくは浜松学生支援課留学生係にお問い合わせください。)会員IDを取得する。会費を支払う。

② 国際交流課から連絡を受けたら、OSSMA会員カードを国際交流課もしくは浜松学生支援課留学生係で受け取る。 もしくは登録後に受け取った会員カードデータを利用する。

③ OSSMAロケーターシステムにログインし、(ユーザーIDは①で取得した会員ID、パスワードは学籍番号)基本情報を入力する。留学中も居場所等の情報を随時更新する 。※

OSSMA事務局での会員登録後(申込から7営業日後) に入力が可能となります。

※OSSMA登録後のキャンセルについては手数料\1,080+振込手数料がかかります。

問い合わせ先:国際交流課 054-238-4457 kaigaihaken[at]adb.shizuoka.ac.jp

海外旅行保険について

学研災付帯 海外留学保険(付帯海学)

 学研災付帯海外留学保険(付帯海学)は、学生のみなさんが加入している学研災(学生教育研究災害傷害保険)の補償内容を活かした合理的な補償プランで、重要性の高い治療・救援費用部分と賠償責任部分の補償を充実させたプラン設計となっています。※教職員はこの保険には加入できません。

 2019年6月から、31日間を超えて留学をする場合、歯科治療の補償を付けられるようになりました。歯科治療の補償を希望する場合は、保険料が変わりますのでパンフレットを読んだうえで申し込んでください。

 加入希望者は学研災付帯海外旅行保険申込書(Excel)に必要事項を入力し、国際交流課にメールで提出してください。手続き完了後に海外旅行保険証と払込票をお渡しします。郵便局で保険料の払込をしてください。

* 学研災付帯海外旅行保険パンフレット(PDF)2019年6月~

* 学研災付帯海外旅行保険パンフレット(歯科治療補償付帯)(PDF)2019年6月~

問い合わせ先:国際交流課 054-238-4457 kaigaihaken[at]adb.shizuoka.ac.jp