フォト・ムービーギャラリー

アジアブリッジプログラム

フォト・ムービーギャラリー

日本語予備教育コース

1. コースの概要

日本語予備コースは、日韓理工系学部留学生や研究生が本課程進学前に15週間日本語を集中的に学習する中級のプログラムです。学習内容には、日常的コミュニケーションのほか、研究活動に必要な口頭発表やレポート執筆の技能なども含まれています。このコースは、10月から2月に浜松キャンパスで行います。
(日韓理工系学部留学生は、日本語に加えて、数学や物理などの専門基礎科目も受講します。)

2. 受講資格

  • 日韓理工系学部留学生、または静岡大学の留学生(大学院生、特別聴講学生、研究生など)でプレイスメント・テストの結果から、上記国費留学生と日本語力が同等であると判断され、センター長が適当と認めたもの。
  • 日本語の学習意欲があり、原則的に開講期間中のすべての授業に出席できること。
  • 指導教員の承諾を得られること。

3. 修了証・受講証

授業に8割以上出席し、所定の定期試験を全て受験した者には修了証書(日韓理工系学部留学生)または受講証書(その他の受講生)を授与します。

 

                     時間割 / Timetable

 

08:40-10:10 文法・言葉1 文法・言葉2 科学技術日本語 文法・言葉3 文法・言葉4
10-20-11:50 聴解 作文1 速読 会話 作文2

                               全部の授業(週10回)に出席しないといけません。